妊婦さん向け青汁ランキング

妊婦さんに青汁がおすすめな理由は、青汁がもつ様々な健康・美容効果はもちろんですが、成分に含まれる葉酸が特に良いとされています。葉酸は妊娠中の女性とお腹の赤ちゃんに必要な栄養ですが、普段の食生活からは摂取が難しいものです。

 

そこで、当サイトでは葉酸をたっぷり含んだ健康・美容に効果を発揮し、美味しくゴクゴク飲める青汁をランキングで紹介していますので、どうぞ参考にしてください。

 

美力青汁

 

美力青汁は、シリーズ累計155万個を突破している現在妊娠中の方・授乳中の方におすすめの青汁です。お腹の中にいる赤ちゃんにとって必要な葉酸はもちろん、女性に嬉しい便秘解消成分である食物繊維、そして赤ちゃんの骨を作るために必要なカルシウム・マグネシウムがたっぷり含まれいます。また、小さなお子様をもつタレントの東原亜希さんのブログでも紹介され、ママさんをはじめ多くの女性から人気を集めています。今なら公式サイトからお試し価格で購入可能です。

 

美感青汁

 

美感青汁は、これまでの"まずい"青汁のイメージを覆した新感覚のマンゴー味の青汁ゼリーです。一般的な青汁ではケールを主成分としたものが多いですが、美感青汁ではケールの数倍の栄養分を含んだクマザサを主成分に使用。それらに加えて、ヒアルロン酸・プラセンタ・コラーゲン・セラミドなどの高級美容成分もたっぷり配合しており、女性に嬉しい青汁に仕上がっています。今なら公式サイトからお試し価格で購入可能です。

 

レモンの青汁

 

レモンの青汁は、野菜の青汁ケールを主成分としてこだわりの素材と製法によって作られた青汁です。発売開始以来累計140万箱以上を売り上げており、15年という長い期間にわたって愛飲されています。レモン風味で飲みやすく小さなお子様から高齢者の方まで、多くのかたに飲用されています。今なら公式サイトから14%OFF+送料無料で購入が可能です。

 

青汁つづく コラーゲンプラス

 

青汁つづくコラーゲンプラスは、お客様満足度94%の野菜不足の解消に抜群の青汁です。一般的な粉末や冷凍タイプから作る青汁ではなく、缶タイプのため、余計な手間がかからずいつでもすぐに飲むことが出来ます。また、たった1本飲むだけで、160g分の野菜不足をカバーすることができ、同時に14種類の野菜と果汁をバランスよく摂ることができます。今なら公式サイトから初回990円の特別価格で購入が可能です。

 

ふるさと青汁

 

ふるさと青汁は、抹茶風味で小さなお子様から大人の方までスッキリ飲みやすいテレビで話題の青汁です。1本11kcalとカロリーが気になる方でも大丈夫。さらに、1日1本飲むだけで、日々の野菜不足の解消へとつながるためおすすめです。今なら公式サイトから10%割引で購入が可能です。

 

妊娠中、授乳中に青汁が良い理由

 

青汁が健康に良いのは認知されていますが、妊婦さんや授乳中の方でも飲むことができるのか。無農薬で安全性が高く、妊娠初期にたくさん摂取することが勧められている葉酸も含まれているので、妊婦さんや授乳中の方が飲んでも問題ありません。

 

葉酸は1日当たり0.4r必要と言われていて、葉酸が不足すると胎児に神経障害が起こる可能性もあります。レバー・緑黄色野菜・果物などに含まれているわけですが、毎日葉酸を摂取するような食事を心がけるのは難しいので、青汁を飲んで補っている人も多いです。

 

ただ、注意しなければならないのは、必要以上に青汁を飲むとカリウムやマグネシウムを過剰摂取となり、下痢や妊娠中毒症などを引き起こすこともあるので、自分の食生活を考えてから飲むようにしましょう。

 

また、青汁とサプリメントを併用するのは控えて下さい。妊婦さんが青汁とサプリメントを同時に摂取ると、ビタミンAの過剰摂取になる場合があります。ビタミンAの過剰摂取は胎児に影響を及ぼすので注意して下さい。

 

基本的には青汁は妊婦さんにお勧めの食品とされているので、「悪阻で偏食かも。」と感じたときは積極的に飲むと良いでしょう。日頃から野菜を食べているなら、毎日飲まなければならないほど必要に迫られるわけではありません。

 

青汁が健康に良いのは間違いないので、自分の体調や生活と比較して飲むようにして下さい。下痢になると胎児への影響が心配かもしれませんが、直接影響があるわけではないので心配ありません。

 

青汁を飲んだときのおなかの赤ちゃんへの影響を気にする人もいますが、青汁は健康食なので心配するようなことはありません。初産の人に多いのが青汁の飲み過ぎて下痢になったら、その影響が赤ちゃんに悪い状況を引き起こすのではないかというものですが、それはまったく心配ありません。

 

確かに下痢になると腸が動くので、その影響で子宮が収縮するのではないかと心配になることもありますが、その原理で言えば下痢も便秘も心配な要素を含んでいるということになります。でも、青汁を飲んだ副作用で起こる下痢では、おなかの赤ちゃんへ影響があることはあることはありません。

 

むしろその逆です。胎児へ必要な栄養分を補うのに青汁は最適なので、「野菜不足かな。」と感じたら積極的に飲んで下さい。もちろん飲み過ぎると下痢になりますが、妊娠中は特に便秘になりやすいので、便秘薬などの薬を飲むよりも安全に便秘を解消することができます。

 

妊娠すると妊娠を継続するための黄体ホルモンが分泌されます。この黄体ホルモンの分泌が活発になることで腸の動きが低下するので、特別に何かしたわけではなくても便秘になるのです。

 

妊娠中に便秘になると子宮が大きくなるに伴って、胃が押され気味になります。また、便秘が原因で悪阻が酷くなるケースもあるので、いつもより意識して食物繊維を摂取しなければなりません。ただ、悪阻でいつものように食べられなかったり、食欲が涌かない人もいるので、そういうときは青汁を利用してみて下さい。

太陽光発電 inserted by FC2 system