1日に摂取したい野菜の目安量

厚生労働省が推奨する1日の野菜摂取量は、成人で約300gと言われています。ただこれは基準値なので、目標値としては350gの摂取が理想です。350gというと、きゅうりなら5本分。トマトなら2個半を食べることになります。

 

栄養士ではないので、毎回食事のたびに量を計るのは面倒だと思う人も多いでしょう。ましてや家族の分量を計算して作るとなると、そんなに簡単なことではありません。大人と子供では分量が違うし、好みや組み合わせを考えるだけでも悩まされる話です。

 

一般的には、ほとんどの人が野菜の量を意識して食事をするようなことはないので、1日に必要な野菜の摂取量を満たしているかどうかはわかりません。普通に1日3食取れば食べているはずですが、ジャンクフードが多いとどうしても偏った食事になってしまいます。

 

350gと言えばそんなに多い量ではありませんが、外食やコンビニなどに頼っているとしたら、それはそれで難しいと言えます。自宅で意識して摂取できれば問題ありませんが、忙しい現代人に毎日そこまで考えて生活することを強いるのは難題です。

 

そこに登場したのが栄養補助食品と言われているサプリメントで、青汁は野菜に含まれている栄養分を1度に摂取できることから、多くのメディアでも紹介されています。

 

推奨されている摂取量を取らなければ、今すぐに健康を害するというわけではありませんが、年齢と供に体の中に蓄積されたものが現れ始めるので、気づいたときから健康的な生活を意識した方が良いでしょう。

太陽光発電 inserted by FC2 system