青汁を飲みすぎたときの副作用

青汁は用法容量を守って飲めば、何の副作用もありません。青汁自体は健康食品なので、健康を害するような成分は含まれていないのです。ただ、サプリメントと同様に取り過ぎるのはお勧めできないので、きちんと確認してから飲むようにして下さい。

 

あえて青汁の副作用を挙げるとしたら、飲みすぎることで牛乳と同じように下痢になってしまうということです。飲みやすさから一気に飲んでしまうと、必要以上に食物繊維を摂取していることになるので、腸が刺激されて下痢になってしまうことがあるようです。

 

もちろん全ての人がそうなるわけではないし、常温で飲むならそれほどでもないかもしれません。爽やかですっきりとした味わいを楽しむために氷を入れる人もいますが、氷を入れて飲むのは適度にしておきましょう。

 

冷たく冷やすと青汁の美味しさが引き立ちますが、食物繊維が多い上にお腹を冷やすのは褒められた飲み方とは言い難いです。適度に冷やす程度なら問題ないので、自分でさじ加減をして様子をみて下さい。

 

逆に冷え性で冷たい飲み物が苦手という人もいますが、種類によっては電子レンジなどで温めすぎると、含まれている成分が壊れてしまったり、苦味を感じるケースもあります。

 

便秘気味の人は青汁で解消することもありますが、硬くなった便のところに青汁を注ぐことになるので、これまた下痢になる確率が高いと言えます。下痢は一時的な症状なので続くことはありませんが、気になる人は飲むのを休みましょう。

太陽光発電 inserted by FC2 system