青汁でむくみを解消する

手足の先に体内の水分が蓄積されている状態を浮腫(ふしゅ)。通称むくみと呼びます。むくみは、体に必要のない水分が尿として排出されないために引き起こされているもので、痛みを伴うことはありませんが、健康的な状態であるとは言えません。

 

もちろん病気が原因でむくみが現れている場合は別ですが、そうでない場合は青汁を飲むことでむくみを改善させることができます。青汁には利尿作用を促進させる成分や、老廃物の排出を促進させる働きがあると言われています。

 

特に明日葉を原材料とする青汁は、むくみやセルライトの解消に効果があるので、多くの女性から支持されています。明日葉に含まれているカルコンと呼ばれる成分は、老廃物の排出を促進させるので、むくみで悩んでいる人は明日葉の青汁を飲んでみて下さい。

 

1日中立って仕事をしていると、どうしてもその場所に水分や老廃物が蓄積されてしまいます。PCの前で同じ姿勢をとるデスクワークも同じですが、体を動かさなければ血液の流れも滞ってしまうのです。そうなると老廃物が尿として排出されないので、むくみとなって出現します。

 

リンパの流れに沿ってマッサージをすればある程度は解消するのですが、むくみの度にマッサージをするのではいくら何でも手間がかかります。マッサージしても意味がないと言っているわけではありません。そのマッサージの効果を上げるため、むくみの予防をするためにも、マッサージと一緒に青汁を飲むことを習慣化してみましょう。

太陽光発電 inserted by FC2 system