青汁でアトピーを緩和する

青汁は免疫力UPに効果が高いですが、それはアトピーにも効くのでしょうか。アトピーはいわゆるアレルギー疾患の代表的な病気で、ギリシア語の「アトポス(不特定な場所)」という意味に由来しています。

 

正式名称をアトピー性皮膚炎と呼ばれるとおり、皮膚のさまざまな箇所に炎症を起こして湿疹となります。アトピーは遺伝的要素が多いので、自分の身内にアレルギー疾患を持っている人がいる場合は、かなり高い確率でアトピーを発症する確率があります。

 

乳幼児の頃から発症する場合もあり、耳の後ろや膝・関節の内側や首筋など、隠すことのできない場所にも発症するので、その見た目の悪さから発症した本人は、痛みや痒みと供に気持ちが下がることもあります。

 

その多くは年齢を重ねていくうちに症状が治まることもあり、最近ではそれほど大きな疾患とはされていない場合もありますが、何度も発症したり長期的に継続することから、多くの人が副腎皮質ホルモン剤であるステロイドや3.抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬を使用しています。

 

薬を使用すれば症状の緩和は診られますが、多くの人が知っているとおりステロイドなどの薬には副作用があります。その副作用によってまた悩まされるというケースも少なくはないので、漢方や青汁などの体に良い素材の対処療法が注目されているのです。その点青汁はアレルギー症状に効果のある栄養素が含まれているので、薬のような副作用を心配することなく長期で飲むことができます。

太陽光発電 inserted by FC2 system