青汁の一般的な栄養成分

一般的な青汁の栄養成分は原材料によっても違いますが、ケールにはカルシウム・ビタミンC・ビタミンE・ミネラル・葉酸などが多く、1年中育てることのできる原材料として、青汁に使われています。

 

また、食物繊維の豊富なことで知られる大麦若葉には、カロテン・ビタミンK・鉄・リン・マグネシウムなども含まれています。その他ヨモギ・クロレラ・ゴーヤ・明日葉などの原材料が使われていますが、どの原材料にもビタミンやミネラルなどがたっぷり含まれています。

 

少し変わったところで言えば蚕の餌として知られる桑の葉も、青汁の原材料として使われることがあります。「蚕の餌」と聞くだけで一瞬身構えてしまいそうですが、桑の葉は漢方の原材料に使われていたり、昔から薬草として利用されてきた歴史があります。利尿作用や血糖値安定など効果もあり、青汁にしてもその効果が消えてしまうことはありません。

 

一般的にはあまり知られていない明日葉ですが、別名八丈草(ハチジョウソウ)と呼ばれ、中国では古くから薬草として使われていました。便秘防止以外にも抗菌作用や利尿作用があると言われています。

 

更に風味付けに使用される抹茶には、タンニン・アミノ酸・カテキン・ミネラル・サポニンが含まれています。カテキンはご存知のとおり、抗酸化作用・血中コレステロール調節作用・血圧上昇抑制作用などが報告されていて、風邪などのウイルス性の病気に対する免疫力UPにも期待されています。

太陽光発電 inserted by FC2 system